活動レポート - NPO法人モンキーマジック
活動レポート

活動レポート

2016年 10月 30日(日)

受託イベント

【報告】島根県松江市で松江市視覚障害者協会主催・視覚障害者クライミング体験会の指導を行いました。

休日の朝からにもかかわらず、24人(その内12人が視覚障害者)のみなさまにご参加いただきました。
今回はクライミング未経験者も多かったため、視覚障害者と晴眼者のペアをつくり、クライミング初心者講習からスタート!

その後、HKK講習を行い、ペアでポイント獲得数を競い合うミニゲームを実施しました。
小林とのじゃんけんの結果で課題の難しさが決まります。小林に勝つとやさしい課題、あいこだとふつうの課題、負けると難しい課題です。
みなさま、制限時間ギリギリまで声を出し合って、ワイワイ登られていました。

最後は笑顔のモンキー集合写真!松江のみなさまと楽しい時間をすごすことができました!!
ご協力いただいた、島根県ライトハウスライブラリーのみなさま、ボルダリングジムKクライムのみなさま、本当にありがとうございました。

画像 画像 画像 画像

2016年 10月 30日(日)

受託イベント

【報告】ゲートシティ大崎で、仮設壁によるボルダリング体験イベントを開催いたしました。

【開催日時】2016年 10月 07日(金)
【開催場所】

ゲートシティ大崎のアトリウム


10月7日(金)~10日(土)、ゲートシティ大崎のアトリウムに仮設壁を設置し、
昨年に引き続き、二度目となるボルダリングチャレンジイベントを開催しました。

 

金曜日の7日には、ワーカーズフォーラム様(https://www.wf-moc.net/index.php)の企画として、
ゲートシティ大崎内のオフィスビルで働かれているワーカーの方向けに、「ボルダリングをたしなむ。
~パラクライミング世界チャンピオンに教わるボルダリング講座」を開催いたしました。
ありがたいことに、申し込み開始日翌日には20名の定員が埋まるほどの人気だったとのことで、
ご参加者は「やってみたかったけれど、なかなか始められなかった」という方も多く、
楽しさを味わったという方からは、「始めます!」という嬉しいお声をいただきました。

また、 8日からの3連休には、大崎近郊にお住まいのご家族を中心に、
ゲートシティ大崎にて開催されていたBANFF MOUNTAIN FILM FESTIVAL(http://www.banff.jp/)に来場されていた方も含め、たくさんのの方々にボルダリングにチャレンジいただきました。

 

最終日には、代表小林を講師としてパラクライミングの体験イベントを実施。
二人一組となってアイマスクを着用し、クライマー役、ナビゲーター役を交互に行って、
パラクライミングの世界を体験していただきました。

 

また、イベント期間中には「昨年来て楽しかったので、今年も楽しみにしてました!」というお客さまや、
お客さま同士が同じ課題に挑戦しているうちにお友達になって帰られるお客さまもいらっしゃり、
運営スタッフとしても改めてクライミングの持つ魅力が実感できるイベントとなりました。

画像 画像 画像

2016年 10月 14日(金)

受託イベント

【報告】品川区(東京都)の児童センターで、代表小林がクライミング体験会の指導を行いました!

9月29日(木)に、品川区立ゆたか児童センター内ボルダリングウォールにて、
センターを利用する小・中学生を対象とした、障害者クライミング体験会を
代表小林の指導にて行いました。
14名の方にご参加いただき、当日は飛び入りでさらに7名の方にご参加いただきました。

【しながわパパママ応援サイト キッズルーム イン しながわ】
http://city-shinagawa-kodomomirai.tokyo/child/detail/944

2016年 10月 06日(木)

受託イベント

【告知】10/8(土)-10/10(月・祝) ゲートシティ大崎にてボルダリングチャレンジイベントを開催します!

来たる10月8日(土)〜10月10日(月・祝)の間、ゲートシティ大崎の地下1階アトリウムにて「チャレンジ・ボルダリング」と題したイベントを開催します。

参加費無料、小学生〜大人(年齢上限はございません!)までお気軽に楽しんで頂けます。

また、特別イベントとして、
①パラクライミング世界チャンピオンと一緒にボルダリングチャレンジ!
 10/9(日) 16:00-17:00(1時間前より会場にて受け付け開始)定員16名
 パラクライミングに挑戦!アイマスクをして壁を登ってみましょう!

②ペアでパラクライミングにチャレンジ!
 10/10(月・祝) 11:00-12:30(1時間前より会場にて受け付け開始) 定員10組20名
 アイマスクをして登るクライマーを手助けするのがナビゲーション役。
 ペアでクライミング力とナビゲーション力を試してみよう!

詳細は以下のURLをご参照ください。
http://www.gatecity.jp/plaza/event/

皆さまのご来場、お待ちしています!

画像

2016年 09月 17日(土)

受託イベント

【報告】北海道旭川盲学校で、代表小林が講話を行いました。

7月19日(月)に、北海道旭川盲学校の3年生以上の児童・生徒(全11名)を対象に、代表小林がお話をさせていただきました。
その様子が、WEB上で確認できる学校通信に掲載いただきましたので、ぜひご覧ください。
http://www.kyokumo.hokkaido-c.ed.jp/gakkoutushin2016/gakkoutusin16-5.html

当日は、代表小林の子どもの頃の話、視力を失い絶望していた時、
希望を持たせてくれた人との出会いについてお話し、
子どもたちには「旭川の良いところ」や「自分の夢」「どんな風に人や社会に役立ちたいか?」を
それぞれ考え発表してもらいました。
とてもいい時間となりました。

画像 画像

2016年 08月 14日(日)

受託イベント

【報告】大ナゴヤ大学で授業を開催いたしました!

8月14日(日)に大ナゴヤ大学で授業を開催いたしました!
目隠しボルダリング体験やドキュメンタリーフィルム鑑賞、ワークショップなどを行い、たくさんの方に楽しんでいただきました。

詳細は、大ナゴヤ大学のWEBサイトでご覧ください。
http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/350

画像 画像

2016年 08月 12日(金)

受託イベント

【報告】キッズロッククライミングキャンプのクライミングの指導を担当しました。

「NPO法人アクティブつくば」主催、2泊3日のロッククライミングキャンプで、
ロッククライミングの指導を担当させていただきました。
会場となったのは、長野県川上村の小川山(廻り目平キャンプ場)で、26名の小学生から中学生の子どもたちが参加をしてくれました。

 

ドキドキわくわくする気持ちの中、ゴールを目指して果敢に登る子どもたち。
ゴールに到達して振り返ると、これまでに出逢ったことのない最高の景色が目の前に広がっていて、驚いた様子でした。

 

また、小林代表のような視覚障害の人と関わることが初めての子どもたちは、
「本当にこばちゃんは見えてないの?」「見えないってどんな感じなの?」と質問もしてくれました。
キャンプという生活を共にする中で、色んなことを感じてくれたようでした。

 

自然の中でのクライミングなので、雨が降って予定通りにいかないこともありましたが、
仲間との工夫と協力で、夏休みの最高の思い出ができたのではないでしょうか。

 

画像 画像 画像 画像

2016年 07月 18日(月)

受託イベント

【報告】旭川カムイ大雪にてパラクライミング体験会を開催しました

北海道の旭川市にある「カムイ大雪バリアフリーセンター」主催にて、パラクライミング体験会を開催させていただきました。

当日は、午前中に勉強会、午後に実際にクライミングウォールを使って体験会を行い、総勢60名もの方にご参加いただきました。ご参加者の中には、盲学校に通う子どもや、視覚障害のある大人の方、車いすユーザーの方、支援者、障害当事者のご家族・友人、さらにはたまたま会場にボルダリングをしに来た人も含まれ、色んな方にパラクライミングを知っていただくことができました。

また、北海道札幌を中心活動している交流型のクライミングサークル「えぞモンキー」の皆さんも駆けつけてくださり、ご協力いただきました。

道内で広く色んな方がクライミングを楽しんでいける環境が整うよう、これからもモンキーマジックができることを考え、協働していきたいと思います。

画像 画像 画像

イベント終了

活動レポートを見る

2016年 07月 03日(日)

受託イベント

【報告】箕面ビールとのコラボレーションを記念した講演会を開催しました

7月1日より受付開始となった、箕面ビールとモンキーマジックのコラボレーション
「お中元モンキー Beer friendsセット」の発売を記念して、
箕面ビール(大阪府箕面市)直営のパブ・Warehouseにて代表小林による講演会を開催いたしました。

当日は来場された皆さん美味しいビールを手にしていただきながら、
飲みにいらしていたお客さまや、箕面ビールのスタッフ、そしてわざわざ話を聞きに足を運んでくださった方々まで、
終始フランクな雰囲気の中、私達モンキーマジックや代表の思いを共有させていただきました。

箕面ビール|箕面ビールからのお知らせ
http://www.minoh-beer.jp/information/

画像 画像 画像

2016年 07月 02日(土)

受託イベント

【報告】代表小林が障害者理解セミナーのトークセッションに登壇しました

7月2日にPura vida (プラビダ-スペイン語で純粋な人生)主催の障害者理解セミナーが、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催され、神奈川県立平塚盲学校英語教員であり視覚障害当事者の斉藤先生と代表小林によるトークセッションが行われました。

参加者は視覚障害当事者から、生まれて初めて視覚障害者に会う方までさまざまでしたが、質疑を中心としたセッションの中でたくさんの気づきをお持ち帰りになることが出来たそうです。

知らない世界を知りたい、視覚障害のある方との関わるきっかけが欲しい、街で困っている視覚障害の方を見かけたらどうしたらいいのか知りたい、そんな思いで参加してくださった方々から、様々な感想をいただくことができました。

〈参加者の方の感想(一部抜粋)〉
「カールおじさんとフリークライミングにとても興味をもった。またお会いしたいです。」

「プチチャレンジを続けて自身の幅を広げるきっかけにしたいと思います。」
「『視覚障害』という一言でしかなかったことを具体的に知ることができました。
 医療者は病気から1つにまとめがちですが、それぞれの『個人』をみて話していくことの大切さを改めて感じました。」

「もっといろんな人がこういう場に参加して、その人を知ることでもっとお互いが思い合えることができるのになと思いました。
 他にもイベントがあれば参加したいと思いました。」

「どんな質問にも答えてくださりありがとうございました。
 お二人の前向きにチャレンジしていく姿をみてとても感銘をうけました。
 『出来ない言い訳』を探すことは簡単ですが何をしたいか、どうやって実現していくか、前向きに生きるパワーをもらいました。」
「お話がとても素敵でした。聞くことができてよかったです。」

画像 画像

▲トップへ戻る