活動レポート

活動レポート

2018年 12月 28日(金)19:00

NPO活動

【社会活動団体へ寄付ができるSyncable(シンカブル)に登録】

社会活動団体へのオンライン寄付ができるファンドレイジングプラットフォーム Syncable(シンカブル)に、モンキーマジックのページができました。

クレジットカードでの寄付や、誕生日プレゼントの代わりにご友人からモンキーマジックへの寄付を集めるバースデードネーションの設定なども可能です。

ぜひシェアやフォローのほど、よろしくおねがいいたします。

Syncable(シンカブル)モンキーマジックページ

https://syncable.biz/associate/monkeymagic/

【活動の様子】

画像

2018年 12月 24日(月)20:00

NPO活動

【報告】東京都江戸川区ロックランズに表敬訪問しました

東京都江戸川区のロックランズさんの1階のロープエリア入り口および4階のボルダーエリア入り口にモンキーマジックの寄付型自動販売機を設置いただきました。
 
モンキーマジックの主催イベント、マンデーマジックの常連クライマーとともに、代表小林はロープエリア左の緩傾斜壁の5.11dの課題を打ち込みましたが、完登ならず! 
雪辱のためにまた伺います!
 
■ロックランズ
東京都江戸川区東葛西5-27-16

【活動の様子】

画像

2018年 12月 15日(土)

NPO活動

【Newサポートグッズ登場!】モンキーマジック2019カレンダー!

お待たせいたしました!
NPOモンキーマジック法人オリジナルの2019年カレンダーが今年も登場!

2015年のモンキーマジック10周年の年から制作が始まったこのカレンダー。
今年で4作目です!

毎年、その年のモンキーマジックの活動の様子を納めた写真と、日本中、時には世界中のモンキーマジックの活動を支えてくださっている方々から寄せられた素敵なお写真とで構成されています!

モンキーマジックのサポートTシャツや、障害サイン付きチョークバッグなどと共にクライミングや、仲間との時間を思い思いに楽しむ多様なお写真は、選ぶのも大変なほどで、担当者は毎年張り切って作っております!

既に半分が過ぎてしまっておりますが、今月2018年12月から使えるカレンダーで、届いた日からお部屋に飾っていただけます。

1部800円からのご寄付(+送料のご負担をお願い致します)で差し上げております。
ご自宅用、年始のご挨拶の手土産やプレゼントにもぜひ、ご利用ください!

以下のお申し込みフォームからお申し込みください!
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf8VWvEmfLKEYx4IeOd3G8hqX2Mldx4I-Ia_PS8lluOzzWwQA/viewform

 

 

【活動の様子】

画像 画像 画像

2018年 12月 13日(木)16:00

NPO活動

【報告】ジムスリッポンを製作いただいている宮城県石巻市のファン・クリエーションを訪問しました

皆様ご好評のサポートグッズ「ジムスリッポン」。そちらを製作していただいている有限会社ファン・クリエーション様を訪問しました。

 

ウェットスーツ制作時にでる廃棄する予定だったネオプレン素材の端材を利用して作られており、東北被災地支援とモンキーマジックの活動支援を目的として生まれたサポートグッズです。工場を少し見学させていただき、製作工程を丁寧にご説明いただきました。

 

有限会社ファン・クリエーション

https://www.remake-fc.com

 

ジムスリッポン詳細(サポートグッズページ)

https://www.monkeymagic.or.jp/order/support-goods/input#26

 

【活動の様子】

画像 画像

2018年 12月 13日(木)15:00

NPO活動

【報告】宮城県加美町のボルダリングパークやくらいWALLを表敬訪問しました

寄付型自動販売機を設置頂いているボルダリングパークやくらいWALLを代表小林が訪問させていただきました。

バラエティ豊かな壁とスペースがあり、国体の宮城県予選も開催されるほどのクライミングジムです。

 

キッズボルダリングウォールもあり、子供から大人まで誰もが楽しめます。
お近くへお越しの際や、クライミングに興味のある方がお近くにいらっしゃいましたら、ぜひやくらいWALLへ!

ボルダリングパークやくらいWALL
https://yakurai-climb.info/?fbclid=IwAR2K2tTitU9av6ESLdsZ5oTtKvSIEDkdTTREnq7ZUWcodRuIJGLVZYRvGyU

【活動の様子】

画像 画像

2018年 12月 13日(木)14:00

NPO活動

【報告】宮城県石巻市のうみかぜクライミングパーク Sea Monkey(Z) を表敬訪問しました

寄付型自動販売機を設置頂いている、うみかぜクライミングパーク Sea Monkey(Z)(シーモンキーズ)に代表小林が訪問させていただきました。

 

2013年に接骨院に併設してオープンされ、地元の多くの方に運動機会や交流の場所として愛されてきたクライミングジムですが、今年12月28日(金)をもって閉店されます。

現在、全国に70店舗以上に拡がる寄付型自販機の設置第1号店であり、モンキーマジックも思い入れがとても強く残念でなりませんが、これまでのご活躍を思えば、今後更なるご盛業にいたるものと確信しています。

 

今まで本当にありがとうございました!

年内にお近くにお越しの方、ぜひ登りに行かれてください!

うみかぜクライミングパーク Sea Monkey(Z) 

http://seamonkeyz0621.wixsite.com/umikaze

 

【活動の様子】

画像 画像

2018年 12月 06日(木)16:00

NPO活動

【報告】京都府舞鶴市のフリーズケイブボルダリングジム舞鶴店を表敬訪問しました

寄付型自動販売機を設置頂いているフリーズケイブボルダリングジム舞鶴店を代表小林が訪問し、イベントを開催させていただきました。

イベントには小学生から大人まで28名の参加者を加えると見学の方も含め40名以上の方にお集まりいただける盛会となりました。

オーナーからは集まった参加費の一部をモンキーマジックの活動の発展にとさらにご寄付くださいました。


フリーズケイブの丹波店、福知山店にもモンキーマジック寄付型自動販売機が設置されており、私どものことを応援してくださっています。
みなさまお近くへお越しの際、またお近くにお住いのお知り合いが合いましたらぜひフリーズケイブのことをお知らせください!

フリーズケイブボルダリングジム舞鶴店
https://www.facebook.com/pg/freescavemaizuru/posts/

frees | フリーズケイブボルダリングジム
https://www.sportsfrees.com/blank

【活動の様子】

画像

2018年 10月 17日(水)08:00

NPO活動

【武蔵野市長へ表敬訪問】

代表小林、50歳の節目に世界選手権3連覇達成の報告に、法人所在地である武蔵野市の市長、松下玲子様に表敬訪問させていただきました。

法人の活動について丁寧に聞いてくださり、障害の有無問わず子どもから大人まで楽しめる生涯スポーツとしての可能性の話、今年3月に行ったケニアでの活動がスポーツ長長官より感謝状をいただいた報告、市民の皆様にさらに法人を知っていただきたいお願いをさせていただく機会となりました。

モンキーマジックはこれからも、武蔵野市から世界に向けて発信を続けていきます!

【活動の様子】

画像

2018年 10月 12日(金)16:00

NPO活動

【愛盲報恩会 第13回平成30年度表彰者に代表小林が決定】

社会福祉法人名古屋ライトハウスの「愛盲報恩会 第13回 平成30年度表彰者」に、法人代表小林が日本ライトハウス総務部主幹林田茂氏様の推薦により、受賞決定いたしました。

愛盲報恩会 第13回 平成30年度 片岡好亀賞

小林幸一郎氏(NPO法人モンキーマジック代表理事)
推薦者:林田 茂氏(日本ライトハウス総務部主幹)
選考理由:大学を卒業後アウトドア関連会社に就職し順風満帆にみえた1996年28歳の時に網膜色素変性症を発症。大きな衝撃のなかでロービジョンクリニックに出会い、「治す」ことでなく「現状でできることをどう生かすか」と考え、高校時代からずっとやってきたクライミングでなにかできないかとNPO法人モンキーマジックを設立。受障後数々の大会で優勝した経歴を生かし、障害者向けクライミングの活動を展開し、視覚障害者スポーツの新分野を拓き、今後益々の活躍を期待して受賞決定となりました。

決定のご報告 | 愛盲報恩会 | 社会福祉法人 名古屋ライトハウス
http://nagoya-lighthouse.jp/news/repayment/entry-212.html

2018年 09月 16日(日)08:30

NPO活動

【代表小林より世界選手権の報告と御礼】

- 圧勝と評して頂けた世界選手権閉幕 -

オーストリア・インスブルックにて9月10日より開催されてきましたパラクライミング世界選手権は14日にすべての予定を終え閉幕しました。

私は本当に本当に本当にたくさんの方々の応援に支えて頂き、上に押し上げて頂き、目標としていた50歳の節目での世界選手権3連覇を、パートナーの鈴木直也とともに果たすことが出来ました。

ここに改めての御礼を申し上げます。ありがとうございました。

今回の結果はこの目標を達成することが出来ただけでなく、出場クラスの男子B1クラスでは、ルート全体で37手中2位選手に10手以上の差をつけて表彰台の一番上に立てただけでなく、今回開催された男子視覚障害B1(全盲)B2(強度弱視)の2クラスを併せて見ても自分が一番上まで登れており、さらに、自分がパラクライミング出場選手中最高齢であったらしく、本当にいろいろな意味で忘れることの出来ない、感慨ひとしおの大会となりました。もうひとつ付け加えさせていただくと、身長もダントツ低く、中継のアナウンサーには「Oldest,Smallest!」と評されました。

直後何人かの方に「おめでとう圧勝だったよ!」と言われうれしかったのですが、心残りもあります。それは優勝出来ましたが、完登することが出来ず、あと6手残して落ちてしまったことです。
岩や壁を登るクライマーと言う生き物は、一番上に登り着くことだけを目指していて、大会ではその結果が順位だと思うのす。だから私は完登出来なかったことが今頭から離れず、そしてこの気持ちこそが、次の大会では完投できるより強い自分になりたいと強く思う今なのです。

2019年8月パラクライミング世界選手権は東京にやってきます。Oldest, Smallestでもうひと頑張り、50歳代の伸びしろを信じがんばってみようと思います。

みなさまどうか引き続き、小林幸一郎へのご支援よろしくお願いいたします。

【活動の様子】

画像

▲トップへ戻る