活動レポート

アーカイブ

活動レポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2022年 11月 29日(火)12:00

主催イベント

【報告】第12回マンデーマジック東京@葛西を開催しました。

11月28日(月)、葛西駅徒歩5分のクライミングパークROCKLANDSにて、「マンデーマジック東京@葛西」を開催し、参加者8名(うち、視覚障害3名、下肢障害1名、その他の障害1名)の方にご参加いただきました。

久しぶりのクライミングで体を慣らしに来られた方、前回のイベントで課題としていたグレードに挑戦する方、視覚障害者とたのしむクライミングの手引きに初めて挑戦する方など、様々な方が集まって楽しみながら壁に臨むひとときとなりました。

マンデーマジック東京@葛西は、トップロープクライミングのイベントです。
ロープで安全を確保し、高さ12mほどの壁を登ります。車椅子の方や上肢・下肢に障害があり、着地に不安がある人でもより安心して登ることができます。

今後も皆さまのご参加お待ちしています!

お申し込みはこちらから↓↓↓
https://www.monkeymagic.or.jp/magic/monday-magic-tokyo-kasai

【活動の様子】

画像 画像 画像

2022年 11月 29日(火)09:00

主催イベント

【報告】チャレンジドガールズクライミングスクールを開催しました。

11月27日(金/祝)東京都江東区にあるT-WALL Climbing Gym 錦糸町店(http://twall.jp/gym/kinshi/)にて、第10回チャレンジドガールズクライミングスクールを開催し、6名(うち視覚障害5名、その他障害1名)の方が参加してくださいました。

まずは自己紹介を兼ねて目標も1人ずつ話して頂き、和やかな雰囲気でスタート。
今回は初参加の方も2名来ていただいたので、初参加の方と経験者に分かれて登り始めました。
経験者グループは元気いっぱいの小学生4人チーム✨
みんな半月ぶりのクライミングの為、最初はウォームアップとして、5.4~5.5にトライ!
思ったほどの身体の硬さもなく、とてもスムーズに登れていました。
その後はひとつずつグレードを上げていき、その度に「えぇーー!できない。けど頑張る!」とスタートする前は躊躇するものの、みんなびっくりするほど全力で壁に挑み、2時間で全員5本ずつ登り切りました!
途中で「張ってください!」とレストをしたり、壁に手を当てて体を支えるプッシュという方法を上手く使って登るなど、登るためにはどうするか?!を自分で考えるクライミングの醍醐味を味わえたのではないかと思います!
そして今回、何より嬉しかったのが登っている仲間を互いに応援し合う声!視覚に障害があると実際の登っている姿は分からないのですが、熱意ややる気は一緒に登る仲間なら自然と感じる事!なので、ガンバ!あと少し!!など子供たちからも声が出るのはとても素敵な事だなと思いました。
そして、登りきることができる!というのは、本人にしか感じられない達成感✨
とても素敵な2時間のクライミングイベントになりました!

このスクールは障害のある女性の自立支援を目的としたプログラムです。
女性がクライミングというスポーツ機会を持つことで、身体を動かすことの楽しさを体験し、「登りきる」という諦めない気持ちや自分で考える気持ちを育み、何ごとにも挑戦する自信につながるような女性のエンパワーメントを引き出すことを目指しています。

※当プログラムは、プレー・アカデミーwith大坂なおみのプログラムとしてローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団からの助成を受けて運営しています。

次回の開催は12月11日(日)を予定しています。
お申込みはこちらから。
https://www.monkeymagic.or.jp/school/girls-school

皆様のご参加お待ちしています!

*ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団とは、英国に本部を置く国際組織で、スポーツの力で暴力、差別、社会的格差をなくし、スポーツで世界を変えられるということを証明してきました。現在、スポーツの力で子どもたちや若者の生活に変化をもたらすために、40以上の国と地域において250以上ものプログラムを支援しています。

*プレー・アカデミーwith大坂なおみとは
ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団とナイキと大坂なおみ選手が連携し、2020年8月に設立されました。
従来のジェンダーに基づく固定観念を脱却するスポーツ体験を通じて、女の子たちに均等な機会が提供される環境を作り出すことを目的としています。

【活動の様子】

画像 画像 画像

2022年 11月 27日(日)09:00

主催イベント

【報告】11月のインドアクライミングスクールを開催しました。

日時:11月26日(土)
場所:ベースキャンプ入間


埼玉県入間市のクライミングジム・ベースキャンプ入間にてインドアクライミングスクールを開催しました。
講師の並木さん(通称:なみすけさん)の指導のもと、参加者3名(うち、視覚障害3名)にて、準備運動・ストレッチからスタート。

参加者それぞれの一日の目標にあわせた丁寧なレクチャーにより、成長を感じられる一日になれたかと思います。

技術指導を受けながら登るスクールでは、初めての方も経験者も、目標にあわせてスキルアップを目指せます。

今後もみなさまのご参加、お待ちしています!

・インドアクライミングスクール
https://www.monkeymagic.or.jp/school/indoor

【活動の様子】

画像 画像 画像 画像

2022年 11月 25日(金)12:00

受託イベント

【報告】三菱地所サロンイベントに代表小林が登壇しました

11/24(木)、東京・丸の内の三菱ビル内コンファレンススクエア M+にて、三菱地所株式会社主催『社会課題サロン「見えない壁だって、越えられる。」障がい者クライミングの世界を体感する』のサロンイベントに代表小林が登壇しました。

当日は、小林のライフストーリーとモンキーマジックの活動について講演を行い、交流型クライミングイベントへの参加案内をさせていただきました。

本イベントは、大手町・丸の内・有楽町エリアを舞台にサステナブルなアクションを展開するプロジェクト「大丸有SDGs ACT5」の連携イベントとして開催されました。ぜひ今後多くの丸の内のビジネスパーソンのみなさまに、モンキーイベントにお越しいただけると嬉しいです。

 

大丸有SDGs ACT5

https://act-5.jp

 

【活動の様子】

画像

2022年 11月 25日(金)09:00

NPO活動

【報告】第22期 朝日ライフ SRI 社会貢献ファンドの寄付先に採択されました。

2022年10月、朝日ライフ アセットマネジメント株式会社のSRI 社会貢献ファンド(愛称:あすのはね)の、第22期寄付先 7団体のうちひとつに選んでいただきました。

第22期 朝日ライフ SRI 社会貢献ファンド(愛称:あすのはね)

https://www.alamco.co.jp/fund/sri/index.html?tab=block5

当日は代表小林・副代表水谷が贈呈式に参加し、モンキーマジックの活動報告をさせていただき、山口代表取締役社長より目録を賜りました。

寄付金は、障害、年齢、性別、文化などの違いに関わりなく、多様性を認め合えるユニバーサルな社会の実現を目指す障害者クライミング普及活動に充てられます。

【活動の様子】

画像 画像 画像

2022年 11月 24日(木)18:00

受託イベント

【報告】AKIYO’S DREAMボルダリング体験会の指導を担当しました

11月23日(水・祝)茨城県龍ヶ崎市にあるニューライフアリーナ龍ヶ崎にて開催されたAKIYO’S DREAMボルダリング体験会の指導を担当しました。
地域の子供達が40名ほど参加し、うち茨城県立盲学校の生徒で視覚障害の方が4名参加されました。
会場には野口啓代さんと渡部圭太選手が駆けつけ、子供達はアドバイスを貰いながら登り、憧れの選手との交流を楽しんでいました!

https://www.tokyo-np.co.jp/article/211541

野口さんは昨年現役引退となりましたが、引退後もこのようなスポーツクライミングの発展に力を注いでおり、改めて尊敬いたします!

【活動の様子】

画像 画像 画像 画像

2022年 11月 24日(木)12:00

メディア

【報告】朝日小学生新聞1面に見ざるコンペの様子が掲載されました

11/24(木)、朝日小学生新聞の1面に「アイマスクでかべ登り ペアで協力してクライミング」と題して、11/19(土)に行なわれた、第8回見ざるチャレンジクライミングを取材していただいた内容が掲載されました。

 

コンペに出場していただいた小学生ペアの感想や、コンペ開催への代表の思いなど丁寧に紹介していただいています。

ぜひご覧いただけますと幸いです。

【活動の様子】

画像

2022年 11月 21日(月)12:00

主催イベント

【報告】主催目かくしコンペ『第8回見ざるチャレンジクライミング』を開催

2022年11月19日(土)、『第8回見ざるチャレンジクライミング』をクライミングジムNOSE町田店にて開催しました。

モンキーマジック設立10周年を記念して2015年にスタートしてから、8回目となる当コンペ。今回も怪我なく大盛況にて終えることができたのは、参加者、スタッフ、協賛社のみなさまに大会を支えていただけたおかげです。本当にありがとうございました。

これからも、障害の有無を問わず、多様性を認めあえる豊かな社会づくりに寄与できるよう、障害者クライミング普及活動をみなさんの笑顔と共に進めていきたいと思っています。また新たなイベントで皆さんとお会いできますこと楽しみにしています!

■参加者


選手:15組36名(内、視覚障害6名、身体機能障害2名・サイトガイドを含む)

スタッフ:26名

■セッター陣


小野智さん
並木良介さん


福田宗次郎さん
sakuさん
中村龍之介さん

<入賞チーム>【ボスざるクラス】
優勝:3月の人(初段)
2位:ハミングモンキー
3位:ちっさいおじさんとデカイ若者

【大ざるクラス】
優勝:チームおかわり
2位:来年には決まりそうです
3位:sheeps

【子ざるクラス】
優勝:9時と3時
2位:フィリアル
3位:甲斐モンキー

 

【ブービー賞】


おかずちゃんねる(CHUMS様よりブービーバード贈呈)

 

【協賛企業】


・特別協賛


THE NORTH FACE(株式会社ゴールドウイン)


CHUMS(株式会社ランドウェル)


株式会社シーワテック


・協賛


アサヒ飲料株式会社

株式会社リプライ

※モンキーマジックではイベント開催時の指針を設けています※
新型コロナウィルス感染予防対策について
https://www.monkeymagic.or.jp/about/coronavirus

写真:TKD-photo

【活動の様子】

画像 画像 画像 画像

2022年 11月 16日(水)16:00

NPO活動

【報告】Here to be 2022-2023 助成金継続決定

モンキーマジックは2021年10月より、ルルレモンの社会貢献プログラム「Here to be」に活動助成をして頂き、全国各地域での交流型クライミングイベントの活性化、新規に交流型クライミングイベントができる地域を増やす活動を通して、多様性を認めあえるユニバーサルな社会を実現し、より成熟した豊かな社会を創ることを目指しています。

この度、Here to be 2022-2023の活動助成も継続していただけることになりました。引き続き、全国各地域へ交流型クライミングイベントを広げられるよう活動していきます。

*交流型クライミングイベントとは、障害の有無、年齢、性別、国籍、クライミング経験などの違いに関係なく、多様な個性を認め合い、交流しながら多様性理解を深め、クライミングを楽しむイベントです。

https://www.monkeymagic.or.jp/join

*ルルレモンは、ヨガ、ランニング、トレーニングなど高機能アスレティックウェアを展開するブランドです。
https://www.lululemon.co.jp/ja-jp/home

*Here to beは、ルルレモンが社会貢献活動の基盤としているプログラムで、世界各地で運動やmindfulnessのinclusiveな場を創出する組織、市民権や人権を擁護する組織に資金を提供しています。
https://corporate.lululemon.com/our-impact/support-for-wellbeing/lululemon-centre-for-social-impact/community-and-global-wellbeing

【活動の様子】

画像

2022年 11月 15日(火)10:00

受託イベント

【報告】インクルーシブボルダリングプログラムのゲスト講師を務めました

11/13(日)、愛知県田原市の親子交流館すくっと内のボルダリング壁を会場に、一社)スポーツキャリアクリエイション主催の、プロクライマー尾川とも子さん指導による「インクルーシブボルダリング」プログラムが開催され、代表小林もゲスト講師のひとりを務めさせていただきました。

21名の障害のある子供を含む小学生の参加者と一緒に、様々な趣向の凝らされたボルダリングプログラムを行い、あっという間の楽しい時間となりました。ぜひ地域にこういったプログラムが定着してゆくといいですね!

親子交流館すくっと|田原市

https://www.city.tahara.aichi.jp/kosodate/shussanikuji/1001098/1006329/index.html

【活動の様子】

画像 画像 画像 画像

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

▲トップへ戻る