レポート詳細

2015年 10月 24日(土)21:00

主催イベント

10周年記念目隠しコンペ:競技ルールの一部改訂のお詫びと変更内容のお知らせ

既に申込受け付けを開始しております10周年記念目隠しコンペ「ペアで参戦!見ざるチャレンジクライミング」ですが、競技ルールの一部が実現困難であることが判明いたしました。

当初、声でのナビゲートが困難な聴覚障害の方向けに、課題のホールドの間に紐を張り、紐をなぞりながら登攀していただく競技ルールとしていましたが、課題設定に向けて会場を再確認した結果、ホールドの間に紐を張ることが困難であることが判明し、競技ルールを一部変更させていただく必要が生じました。

事前の会場確認が不十分であり、開催要綱公開後の競技ルール変更となってしまったことをお詫び申し上げるとともに再発防止に努めてまいります。


<ルール改訂内容:声によるナビゲートが困難な聴覚障害を有する方の登攀>

■予選課題
声によるナビゲートが困難な聴覚障害を有する方には、シミュレーションゴーグルを着用していただきます。
ナビゲーターの方には、レーザーポインターを使用して指示をしていただきます。

シミュレーションゴーグルを着用いただくことにより、クライマーは擬似的に白濁状態の視覚障害者と同等の視界となりますので、ナビゲーターの指示するレーザーポインターの位置を頼りに登攀していただくことになります。

※ シミュレーションゴーグルとは?
視覚障害者の視野を疑似体験するためのメガネです。
http://www.takata-megane.co.jp/original001.html

 

■決勝課題(変更ありません)

当初の予定通り、ホールド間に紐張りを行います。
ルールに変更はありません。
クライマーは紐をなぞりながら登攀していただきます。

▲トップへ戻る