レポート詳細

2016年 07月 02日(土)

受託イベント

【報告】代表小林が障害者理解セミナーのトークセッションに登壇しました

7月2日にPura vida (プラビダ-スペイン語で純粋な人生)主催の障害者理解セミナーが、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催され、神奈川県立平塚盲学校英語教員であり視覚障害当事者の斉藤先生と代表小林によるトークセッションが行われました。

参加者は視覚障害当事者から、生まれて初めて視覚障害者に会う方までさまざまでしたが、質疑を中心としたセッションの中でたくさんの気づきをお持ち帰りになることが出来たそうです。

知らない世界を知りたい、視覚障害のある方との関わるきっかけが欲しい、街で困っている視覚障害の方を見かけたらどうしたらいいのか知りたい、そんな思いで参加してくださった方々から、様々な感想をいただくことができました。

〈参加者の方の感想(一部抜粋)〉
「カールおじさんとフリークライミングにとても興味をもった。またお会いしたいです。」

「プチチャレンジを続けて自身の幅を広げるきっかけにしたいと思います。」
「『視覚障害』という一言でしかなかったことを具体的に知ることができました。
 医療者は病気から1つにまとめがちですが、それぞれの『個人』をみて話していくことの大切さを改めて感じました。」

「もっといろんな人がこういう場に参加して、その人を知ることでもっとお互いが思い合えることができるのになと思いました。
 他にもイベントがあれば参加したいと思いました。」

「どんな質問にも答えてくださりありがとうございました。
 お二人の前向きにチャレンジしていく姿をみてとても感銘をうけました。
 『出来ない言い訳』を探すことは簡単ですが何をしたいか、どうやって実現していくか、前向きに生きるパワーをもらいました。」
「お話がとても素敵でした。聞くことができてよかったです。」

【活動の様子】

画像 画像

▲トップへ戻る