レポート詳細

2017年 07月 17日(月)

主催イベント

【報告】第64回マンデーマジック東京を開催

7月10日(月)に、マンデーマジック東京を開催致しました。
今月は日本中から交流型クライミングイベントの運営をしている私たちの仲間15名が東京に集結し、
30名の参加者の方(内、視覚に障害のある方6名、聴覚に障害のある方8名、その他の障害の方1名)と共に楽しみました!

今月の第4回「多様性理解のためのミニ講座」は、福岡から来てくださった「よかモンキー」のご夫妻へのインタビューをさせていただきました。

福岡の大牟田でクライミングジムを営むお二人。大牟田は高齢化率が高い町だそうですが、だからこそ障害がある方も暮らしやすいような町づくりをしていく土壌があると言っていました。

お二人に、今回インタビューしたのは、特に奥様の障害に対して私たちがどう接すればいいかをお聞きしたかったからです。

奥様は過去に脳出血を経験し、視野狭さくや、麻痺、高次機能障害(失語症)などの後遺症があります。
特に失語症については、思った通りに言葉を出すのが難しいわけですが、ゆっくりと少しずつ話せば、会話もできるそうです。
相手の話すことの多くは理解できているけれど、言葉を出すのが難しく、でも助け舟があれば少しでもスムーズに答えられる。
何より本人が、お話しするのが好きなので、ぜひたくさん話しかけてもらいたい、LINEなども活用してほしいとおっしゃっていました。


「よかモンキー」の活動を通して、キッズが楽しそうにチャレンジして、達成感を感じるところがすごくいいと感じているご夫妻。
「(奥様に)麻痺があるのでクライミングをするのは難しいと思われてしまいがちですが、(ボルダリングは難しいですが、)ロープクライミングは工夫次第で、できる。時にロープにテンションをかけることで、麻痺している腕や脚の代わりになる。『できない』と決め付けるのではなく、『できる』と考えることで、一緒にクライミングが楽しめるんです。ぜひ、「よかモンキー」で一緒に登りましょう!」と話していらしたのが、印象的でした。

それを聞いて、早速奥様に話しかけている参加者の方もいらして、「知る」ことは大切だなぁと感じました。
「よかモンキー」に行って参加してみたくなる「プチ多様性講座」でした。


さて、後半はグループに分かれてボルダリングを楽しみ、代表小林も色んなチームにお邪魔させてもらい、ともにセッションを楽しみました。
新しくなったばかりのエナジークライミングジムのマンスリー課題に打ち込んだり、日本中の交流イベントを行う仲間たちも、終了時間ギリギリまで登って盛り上がっていました。

イベント終了後は、今月も沢山の方に夜が更けるまで懇親会にお付き合いいただきました。皆さま、今月もご参加いただきありがとうございました。

来月のマンデーマジックは、お盆休み中の8月14日(月)です!
いつもはなかなか参加できない、という方のご参加をお待ちしております!お申し込みはお早めに!
http://www.monkeymagic.or.jp/magic/monday-magic-tokyo

 

ここで、今週の交流イベントのお知らせです!
7月18日(火)は第2回マンデーマジック横浜!キャンセルが出て、残席がある模様です!!ぜひ!

【マンデーマジック横浜】
https://www.monkeymagic.or.jp/magic/monday-magic-yokohama

 

そして、7月22日(土)はモンキーマジックの根拠ジム・モンキーマジックつくばでサタデーマジック!ぜひぜひいらしてください!

【サタデーマジックつくば】
http://www.monkeymagic.or.jp/magic/saturday-magic-tsukuba

【活動の様子】

画像 画像 画像 画像

▲トップへ戻る