レポート詳細

2017年 08月 25日(金)

NPO活動

NPO法人モンキーマジック設立12周年を迎えて

弊会は、本年8月25日に設立12周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物。心より感謝申し上げます。
代表小林のメッセージは、以下よりご覧ください。


NPO法人モンキーマジック代表の小林幸一郎です。
本日8月25日をもちまして、私どもNPO法人モンキーマジックは設立12周年を迎えることができました。今年もこうして周年のご挨拶が出来ますことは、ひとえにみなさまのご支援、ご助力の賜物と、改めまして心から御礼を申し上げます。

これからも私どものミッション(活動の目的)である、「障害者クライミング普及活動を通じて、多様性を認め合えるユニバーサルな社会を実現し、より成熟した豊かな社会を創ります。」を実現することを目指し、日々スタッフとともに精進してまいります。

2005年の今日、NPO法人モンキーマジックを設立した当初、私どもの活動の柱は視覚障害者対象のアウトドアクライミングスクールを実施することでした。しかし、活動開始から10年以上の時間が経つ中で進んだ様々な時代の変化とそれに応じた法人の活動の幅の広がりは、様々な事業として形になってきています。

中でも交流型クライミングイベントの開始と仲間たちと協力した全国展開は象徴的です。スクールなど障害者を中心に置いた事業だけでなく、障害のある人もない人も一緒に参加するイベントで、クライミングを通じ障害者も社会の一員であることの相互理解促進を図っていこうというものです。特にここ3年で大きく発展してきました。

2005年の法人設立当初、ダイバーシティと言う言葉もまだ聞かれなかった頃からすると、確実に社会は変化し成長してきました。12年前東京にオリンピックがやってくることを、クライミングがその競技種目になることを誰が予想したでしょうか。

私どもモンキーマジックはこれからも多様性を認め合うことのできるより成熟した社会の実現のため、時代の変化とともに成長してゆくことのできるNPO法人であり続けられるよう努力を惜しまない所存です。

参加者や支援者など、多様な関りを持ち続けてくださる個人の皆さま、The North FaceやChumsを初めとする法人各社様、寄付型自動販売機を設置していただいているクライミングジム各位、皆さまからのご寄付と活動支援があったからだと、スタッフ一同、広く社会の皆さまに支えられていることに改めての御礼を申し上げます。

また、皆さまからの応援やご期待、お叱りなどお届けいただく様々なお声こそが、法人の活動をより良いものへと向かわせていただいていると思い、この点もあわせて御礼申し上げます。

私どもはこれからも障害者クライミングの普及と、この法人の継続発展のために、ますます精進し活動を発展させるように今年も頑張ってまいります。

設立13年目に入りますモンキーマジックのこれからを、どうぞご期待ください。

▲トップへ戻る