レポート詳細

2017年 10月 14日(土)

主催イベント

【報告】第67回マンデーマジック東京を開催

10月10日(火)に、マンデーマジック東京を開催致しました。
今月は29名の方(内、視覚に障害のある方6名、聴覚に障害のある方2名、その他の障害の方1名)にご参加いただきました。
 
今月は、モンキーマジック主催の目隠しコンペ、「第3回見ざるチャレンジクライミング」申込み締め切りが近いということで、まだペアやガイドが見つかっていない方々をスタッフがマッチングしてまわる場面もありました。
 
今月の第7回「多様性を考えるプチ講座」では、モンキーマジックの主催する関東3都県の交流型クライミングイベントにどれも来てくださっている、視覚障害の男性の方にインタビューをさせていただきました。
 
まず、見え方は視野の中心が白くぼやけているので、その外側は大まかにはわかるけれど、人の顔などはぼかしがかかっているように、よく見えないそうです。
小さい頃から見えにくいと感じることがあったそうですが、26歳の時に網膜色素変性症と診断されました。
 
現在は総務のお仕事をしていて、お休みの日は美術館を音声ガイドを聞きながら回って楽しんだり、最近はスポーツ系のイベントなどによく出かけているそうです。
でも、「以前は家で過ごすことが多かった。進行性の病気ということもあり、6年前に白杖を使うようになってから、外出をしようと心がけている」とのこと。
 
「定期的に新しいことに挑戦するようにしていて、3年前にモンキーマジックの小林さんをテレビで見て、モンキーマジックのイベントに行ってみようと思った。」というのも、外に出るようになると、体力が落ちていると実感して、「スポーツしなきゃ!」と思い立ち、クライミングを始めたそうです。
 
「学生時代は山岳部で、クライミングは身近だった。始めてみると、筋肉痛に苦しむことも多かったけれど、そのうち気にならなくなり、今はやみつき状態です。」
 
「クライミングをするようになり、色んなところで知り合いが増えて、誘い合って登りに行くようになりました。もとは無理をしない性格で、すぐ諦めてしまうところもあったけれど、「あと1手!」と粘るようになったと思います。」
と話してくれました。
 
最後に、メッセージを聞いてみると、
「『クライミングをやっている』と人に言うと、『やったことある』と言う人はたくさんいるけど、案外続けている人は少ないので、自分が続けられているのを嬉しく思います。これからも頑張って続けていきたい!」
と素敵な言葉が。
とてもその方の人柄が表れていて、聞いていて温かい気持ちになるインタビューとなりました。ご協力いただき、ありがとうございました!
 
さて、後半はグループに分かれてボルダリング。
今月は、下の名前の順番ごとにチームをつくっていただき、セッションを楽しんでいただきました!
 
懇親会にも、そのまま多くの方にご参加いただき、参加者の方の結婚をみんなで乾杯してお祝いしました!
 
皆さま、今月もご参加いただきありがとうございました!
来月のマンデーマジックは、11月13日(月)です!
▼お申し込みはこちらから!
 
なお、今月の交流イベントのお知らせです!
10月16日(土)は第5回マンデーマジック横浜!
まだ若干残席があります!
ご都合つきそうな方、迷っている方、ぜひお申込みください!
 
【マンデーマジック横浜】
 
 
10月21日(土)は、モンキーマジックの根拠ジム・モンキーマジックつくばでサタデーマジック!予定より1週間前倒しになっていますので、お気をつけください!
▼お申し込みはこちらから!
【サタデーマジックつくば】
http://www.monkeymagic.or.jp/magic/saturday-magic-tsukuba

【活動の様子】

画像 画像 画像

▲トップへ戻る