レポート詳細

2018年 06月 05日(火)

受託イベント

【報告】国立神戸視力障害センターのボルダリング壁を使った特別授業で講師を担当

国立神戸視力障害センターに設置されたボルダリング壁において、モンキーマジック代表小林と事務局長岡田が体育の授業で特別講師を務めました。

受講したのは60歳代の男性訓練生で、以前少林寺拳法をやっていてトライアスロンなどにも取り組んでいるというアクティブな方。
私たちが用意した課題に何度も向き合いながら体の使い方について様々な質問をされる前向きな姿が印象的でした。

 

センター卒業後も、神戸アイセンター・ビジョンパークのホールドが光って教えてくれる「みちびクライミング」などでぜひ継続してクライミングを楽しんでいっていただきたいと思うとともに、より多くの訓練生に親しんでもらいたいと感じられた指導担当教官の先生方との交流でした。

【神戸視力障害センター】
http://www.rehab.go.jp/kobe/

【活動の様子】

画像 画像

▲トップへ戻る