活動レポート

活動レポート(2019年01月)

2019年 01月 17日(木)18:00

NPO活動

【愛盲報恩会片岡好亀賞を代表小林が受賞】

社会福祉法人名古屋ライトハウスの「愛盲報恩会第13回平成30年度表彰者」を、法人代表小林が日本ライトハウス総務部主幹林田茂氏様の推薦により受賞決定し、1/12(土)に表彰式に伺わせていただきました。

 

-  愛盲報恩会第13回平成30年度片岡好亀賞 -

小林幸一郎氏(NPO法人モンキーマジック代表理事)

推薦者:林田 茂氏(日本ライトハウス総務部主幹)

選考理由:大学を卒業後アウトドア関連会社に就職し順風満帆にみえた1996年28歳の時に網膜色素変性症を発症。大きな衝撃のなかでロービジョンクリニックに出会い、「治す」ことでなく「現状でできることをどう生かすか」と考え、高校時代からずっとやってきたクライミングでなにかできないかとNPO法人モンキーマジックを設立。受障後数々の大会で優勝した経歴を生かし、障害者向けクライミングの活動を展開し、視覚障害者スポーツの新分野を拓き、今後益々の活躍を期待して受賞決定となりました。

 

決定のご報告 | 愛盲報恩会 | 社会福祉法人名古屋ライトハウス

http://nagoya-lighthouse.jp/news/repayment/entry-212.html

画像 画像

2019年 01月 10日(木)17:00

主催イベント

【四肢障害者クライミングを広げ隊員募集/ボランティア】

世界には片足のクライマー、義足や車椅子ユーザークライマー、片手がなかったり、麻痺して使えないクライマーが沢山クライミングを楽しんでいます。

まだまだ日本では四肢に障害のある人がクライミングを楽しむ土壌ができていません。モンキーマジックでは四肢障害の方を対象に、トップロープクライミングでクライミング体験や練習会を進めていきたいと思っています。

そこで、現在発展途上の日本での四肢障害者クライミングをサポートいただける隊員を募集いたします。

ご興味のある方で以下のような方歓迎です。

・トップロープビレイが安全にできる方
・理学療法士等身体の専門家
・この分野の研究をしている専門家、学生
等々

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

■ボランティアで働く

https://www.monkeymagic.or.jp/volunteer

 

(写真撮影:中村文隆)

画像

2019年 01月 01日(火)12:00

NPO活動

【恭賀新年】

新年あけましておめでとうございます。

平成最後の新年が、皆様方にとって、温かく穏やかなものとなっておりますよう。

NPO法人モンキーマジックでは、昨年は初の海外事業としてアフリカ・ケニアで盲学校に通う子供たちへのクライミング体験プログラムを実施するなど、私たちにとって新しいチャレンジもありました。また交流型クライミングイベントの開催地域も札幌から熊本まで全国14地域に増えました。さらに、北海道・帯広や福岡県・北九州の盲学校にも新たにクライミングウォールが新設されました。こうして様々な場所や形で障害のある人たちにとってもクライミングというスポーツに触れる機会が少しづつですが広がって来ました。

今年2019年8月には、東京・八王子にてクライミング世界選手権が開催されます。ここで併催されるパラクライミング世界選手権という舞台を通じ、これまで障害者がクライミングをすることお知らなかった多くの方々に情報を届ける大きなチャンスになるのではないかと思います。

私たちモンキーマジックは少し地味かもしれませんが、アスリートが向き合う競技スポーツとしてのクライミングのみならず、今年もそしてこれからも、生涯スポーツとして、また多様な人と人の理解促進のためのコミュニケーションツールとしても、世代や性別、国や地域、スポーツの経験や障害の有無などを問わず、様々な方々にこのクライミングという広く奥行きのある素晴らしきスポーツの普及に、スタッフ一同努めてまいります。

どうぞ本年も私どもNPO法人モンキーマジックに、倍旧のご指導ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表理事 小林幸一郎

画像

▲トップへ戻る