活動レポート

活動レポート(2019年11月)

2019年 11月 19日(火)19:00

メディア

くもんの児童文学「星くずクライミング」出版!

\くもんの児童文学「星くずクライミング」出版!/

NPO法人モンキーマジックも監修したクライミングと視覚障害をテーマとしたくもんの児童文学書「星くずクライミング」が発売となりました!ぜひ多くの方にお手にとっていただきたいです!

ーーー

『星くずクライミング』

ふたりでなら 見えない壁だって 登り切れる

中学1年生のあかりは、小学4年生でスポーツクライミングに出会って以来、毎日のように練習を重ねてきたが、年明けの大会で、スランプにおちいってしまう。スポーツクライミングをやめてしまおうか、とまで考えていたあかりだったが、ひょんなことから、目の不自由な人たちのスポーツクライミング、パラクライミングと出会う。ナビゲーターとクライマーが2人1組となり、ウォールをのぼっていくパラクライミング。目の不自由な人が本当に壁を登れるのか、と半信半疑な気もちだったあかりは、実際に壁をのぼっていくクライマーの姿を目にし、感動を覚える。ナビゲーター役として体験イベントに参加したあかりが、ペアを組むことになったのは、同い年の昴というクライマーだった。態度も口も悪い昴のことを、はじめは嫌っていたあかりだったが……

2020年にむけて読者の関心の高まる「パラスポーツ」をテーマにした創作児童文学。主人公・あかりと、パラクライマー・昴の物語を通して、「視覚障害やパラスポーツへの理解」をうながす、ほかにはない児童文学です。

星くずクライミング
著: 樫崎 茜
絵: 杉山 巧
出版社:くもん出版
体価格: ¥1,300 +税

Amazon URL
https://amzn.to/2NVO8PG

【活動の様子】

画像

2019年 11月 18日(月)13:00

主催イベント

【報告】第92回マンデーマジック東京を開催

【開催日時】2019年11月11日(月)

【開催場所】エナジーボルダリングジム高田馬場(東京都)

毎月第2月曜日を基本に開催している交流イベントマンデーマジック東京。
今月は、
全体 合計35名
・視覚障害  9名
・聴覚障害   1名
・その他障害  4名
以上の方々にお越しいただき、マンデーマジック初参加8名(うちクライミングが初めての方3名)でした!

当日は全国交流方クライミングイベントの富山「つるぎモンキー」からもお二人が駆け付けてくださり、富山の魅力を語っていただきました!

代表小林の挨拶では、新規サポートグッズのてぬぐいとジップパーカーがHPに公開されたこと、そして11/20(水)開催のイベント「ヒマラヤをたしなむ、講演会」の案内をしました。

そして、第25回「多様性を考えるプチ講座」は「たみぃのヒマラヤ冒険」。
9月にヒマラヤ、6,200メートルのラーキーピークに登ってきた、モンキーマジックスタッフ木本(たみぃ)に話を伺いました。

「’自分にはできるはずがない’と思っている人が多くいるなか、どうして突破できたのか?」という質問に、「自分もはじめ遠い世界のできないことと思っていたけど、とても身近な人が’行けるよ!’と言ってくれたのが挑戦できる決め手になった」と話してくれたのが印象的でした。

さらに迫った話を聞けるイベントは11/20(水)開催です。たみぃの冒険を後押ししてくれた8,000m峰を7座登った渡邊直子さんの話を是非聞きに来てください。

「ヒマラヤをたしなむ、講演会」詳細・お申込はこちら▼
https://www.kokuchpro.com/event/65d3e7f1239a148d3f6061d6a4db86f4/


次回のマンデーマジックは12/9(月)開催!2019年最後のマンデーマジック東京、懇親会は、忘年会バージョンです!みなさまぜひご参加ください!

■12/9(月)マンデーマジック東京
https://www.monkeymagic.or.jp/magic/monday-magic-tokyo

2019年 11月 16日(土)14:00

受託イベント

【報告】岡山県玉野市 宇野小学校6年生を対象にクライミングプログラムと講演会を開催

11/15(金)岡山県玉野市の玉野スポーツセンターのクライミングウォールにて、玉野市宇野小学校6年生25名を対象に、クライミングチャレンジと講演会のプログラムを開催しました。

ほとんどの生徒がクライミングがはじめてというなか、約10メートルの壁をトップロープで順番に挑戦。壁に向かうクラスメイトを先生も一緒になって全員で応援する賑やかなプログラムとなりました。「もっと登りたかった」「悔しかった、またやりたい」と口々に話す生徒さんたち、ぜひこれからも続けて欲しいです!

 

【活動の様子】

画像 画像 画像 画像

2019年 11月 15日(金)16:00

NPO活動

【受付開始!】新規★MonkeyMagicサポートグッズ

 
新しいモンキーマジックオリジナルサポートグッズが2つ登場し、主催コンペで初お目見えしました!「目指せチャンピオン★ジップパーカー」と「ご縁手ぬぐい」です。

特にジップパーカーは大好評いただき、限定30着がほぼ完売しましたので20着追加してHPからのお申込みを開始いたしました。少しお待ちいただきますが24日以降の郵送をさせていただきます。

お申込は、以下のサポートグッズのページよりお願いいたします。

https://www.monkeymagic.or.jp/order/support-goods/input 

 皆さまのお申込みをお待ちしております!

 

ーー以下新規サポートグッズの紹介

①目指せチャンピオン!ジップパーカー(一般6,500円の寄付から)
胸の猿が完登してサムアップ(いいね!)しています!
色は、紺・黒・グレーの3色展開。
背中には「No Sight But On Sightと点字。Monkey Magic /Since 2005」がデザインされています。

②ご縁手ぬぐい(一般1,800円のご寄付から)
七宝柄にMonkey Magicのロゴと猿がデザインされた手ぬぐいです。
七宝柄には、円満、調和、ご縁の意味があり、色んな方がクライミングで繋がる、ご縁や調和の願いが込められています。

【活動の様子】

画像 画像

2019年 11月 14日(木)

受託イベント

【告知】東京・有楽町にてボルダリング体験!

東京都主催の人権啓発イベント「ヒューマンライツフェスタ東京2019」がこの週末東京・有楽町の国際フォーラムにて開催されます。
多彩な展示や映画、体験会などのイベントの一環で、東京2020大会競技体験コーナーが開催されます。その種目の一つでモンキーマジックの運営にてボルダリング体験コーナーも開催され、どなたでも体験が出来ます。
プログラムの詳細は公式ホームページをご参照ください!

11/16(土)・11/17(日) | ヒューマンライツ・フェスタ東京2019
https://www.hrf-tokyo-2019.com/event-111617.html

皆さまのご参加をお待ちしております。

【活動の様子】

画像

2019年 11月 11日(月)15:00

受託イベント

【報告】東京都江東区立大島南央小学校にて特別授業を行いました。

2019年11月11日、東京都江東区立大島南央小学校の4・5・6年生全5クラスを対象に、オリンピック・パラリンピック教育の出前授業として代表小林が特別授業としての講演を行いました。


講演会後には体育館から教室まで視覚障害者の手引体験をしもらうなど、障害のある人と向き合う気持ちに気づいてもらえる体験も行いました。

江東区立大島南央小学校
http://nano-sho.koto.ed.jp/

2019年 11月 05日(火)18:00

メディア

「富山三つ星山の会」ロープクライミング体験会指導の様子が北陸中日新聞に掲載されました

富山県の視覚障害者山岳会「富山三つ星山の会」が企画した県障害者登山教室交流会の一環として実施されたロープクライミング体験会の指導をNPOモンキーマジックが担当。その様子が北陸中日新聞に掲載されました。


石「ホールド」15メートル壁登る 南砺で視覚障害者 パラクライミング:富山:中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20191104/CK2019110402000010.html

2019年 11月 05日(火)17:00

受託イベント

【報告】富山三つ星山の会のロープクライミング体験会を指導

富山県の視覚障害者山岳会「富山三つ星山の会」が企画した、県障害者登山教室交流会の一環として実施されたロープクライミング体験会の指導をNPOモンキーマジックが担当しました。

当日は好天に恵まれ、屋外に設置された15mの高さの人工壁を、ほぼ全員が初めてロープを結ぶクライミングにチャレンジ。視覚障害者を中心に、発達や知的、四肢障害など様々な方が参加、また家族連れでの参加者や東京でモンキーマジックのイベントに参加している四肢障害の参加者も見られ、多くの歓声に包まれるにぎやかなイベントとなりました。午後は桜ヶ池を一周ハイキングし、会は終了となりました。

富山では交流型クライミングイベント「剱(つるぎ)モンキー」もこの7月から開始されており、障害者がクライミングを楽しむ環境が定着してゆく流れとなりそうです。

 

富山三つ星山の会ウェブサイト

http://www.mitsuboshi.sakura.ne.jp/

▲トップへ戻る