活動レポート

活動レポート(2020年01月)

2020年 01月 23日(木)17:00

受託イベント

【報告】港区立青山小学校で代表小林が講演会を行いました。

2020年1月18日、港区立青山小学校5・6年生を対象に代表小林が学校公開日に合わせたパラアスリート特別講演会を行いました。

【港区立青山小学校 PTA 投稿より】

https://www.facebook.com/aosyopta/photos/a.157792684889168/178761536125616/?type=1&theater

本日は学校公開日でしたが、5,6年生はパラアスリートの講演会がありました。 講師に来ていただいたのは、パラクライミングの世界大会4連覇という偉業を達成された、NPO法人モンキーマジック代表の小林幸一郎さん。 前半はご自身の生い立ちから目が見えなくなって、世界大会に出場されるまでのお話を映像を交えてお話しいただき、後半はご自身の経験を交えての目の見えない方との関わり方をワークショップで考えました。 生徒たちも真剣に聞いていて、良い経験になったようです。 ちなみに、小林さんは私会長の昔の職場での先輩。 こういうかたちで再会できたことを大変嬉しく思っております。

2020年 01月 22日(水)15:00

主催イベント

報告】神奈川県ライトセンターにてわくわくキッズクライミングを開催

【開催日時】 2020年 1月 18日(土)
【開催場所】神奈川県ライトセンター

今年最初のスクールは、それぞれ久しぶりに会う5名の参加者がそろいました。
外は、雨から雪へと変わり、とても寒そうな窓の外とは関係なく、登っている彼らの頭から湯気が出そうな勢いでした。


年末年始で少し大きくなったお腹周りを気にしつつ、オーバーハングの「堤防壁」に挑む子が増え、 いつもより待つ時間は多いものの、 普段会えない仲間がそろい、にぎやかで楽しい時間になりました。

今年も活気あふれるスクールになりますように!

【活動の様子】

画像

2020年 01月 20日(月)15:00

主催イベント

【報告】冬休みブラインドキッズクライミング教室を開催しました

夏休みに引き続き、東京(文京区)Twall江戸川橋にて、「冬休みブラインドキッズクライミング教室」を開催しました。
今回は、3名の元気な1年生の参加で、その内2名がリピーター、1名が初めてのクライミングに挑戦してくれました。

到着直後からリピーターの2名は「今日はてっぺんまで登るからね~!」とやる気満々。初めての女の子は「ちょっと怖いけど、頑張る!」と答えてくれました。


でも登ってみると、経験者の2人がスイスイ登れるところが初めての子が上手くできなくて、悲しい気持ちになる場面もありました。そんな様子を他の子が大きな声で、「ガンバ~!ガンバ~」と応援する様子が見られ、終わった後にクライミングジムのスタッフの方からも「盛り上がってたね~」と声をかけていただくほどでした。その女の子からは「悔しかった」という感想が出て、その気持ちを忘れずまた挑戦してほしいなぁと感じました。

中高生クラスも募集をしましたが、今回は残念ながらお申込はありませんでした。
また次回春休み等にも開催する予定ですので、ご参加ぜひお待ちしております。

【活動の様子】

画像 画像

2020年 01月 20日(月)13:00

メディア

【報告】山と渓谷 2020年2月号に掲載

株式会社山と渓谷社の発刊する『山と渓谷 2020年2月号』に、「見えなくたってオンサイト」と題して、4ページに渡って掲載していただいています。

全国の交流型クライミングイベントの紹介、参加者の声、視覚障害スポーツ全般についてなど、とても丁寧にまとめていただきました。

ぜひお手に取ってご覧ください。

https://www.yamakei.co.jp/products/2819901018.html

2020年 01月 17日(金)19:00

受託イベント

【報告】東京都立桐ヶ丘高等学校にて副代表水谷が特別講師を務めました。

1月17日金曜日、東京都立桐ヶ丘高等学校1年生3部(午前・午後・夜間)全クラスを対象に「暮らしとマナー」授業におきまして、副代表水谷が特別講師を務めました。


同校は東京都チャレンジスクールとして、不登校を経験するなど多様な生徒が学ぶ定時制高校です。インクルーシブ教育をテーマとした本授業では、水谷がモンキーマジックのボランティアから副代表として関わる経緯、そして活動の紹介を通じて、多様性を認め合うことや、自ら進んで行動をおこすことの大切さを伝えてきました。


東京都立桐ヶ丘高等学校
http://www.kirigaoka-h.metro.tokyo.jp/site/tei/

【活動の様子】

画像

2020年 01月 17日(金)17:00

受託イベント

【報告】千葉日本大学第一中学校にて講演

千葉日本大学第一中学校(千葉県船橋市)の中学3年制を対象とした福祉教育の授業にて代表小林が講演させていただきました。


公演終了後の質疑応答の時間では時間が足りないほどたくさんの学生から手が上がり、「私が失明すると言われたら絶望すると思うが、そんな日のためにどんな準備をしていたらいいか。」などとてもしっかりとひた数々の質問を投げてくれる中身の濃い福祉授業となりました。

中学福祉教育 校長通信 | 千葉日本大学第一中・高等学校 関係者ブログ
http://cnweb2.chibanichi.ed.jp/chibanichi-info/?p=6593

千葉日本大学第一中学校・千葉日本大学第一高等学校
http://www.chibanichi.ed.jp/

2020年 01月 14日(火)15:00

受託イベント

【報告】亜細亜大学の講演会にて代表小林が登壇しました。

亜細亜大学障がい学生修学支援室主催公開講演会「パラスポーツの魅力、これでわかります!」に、花岡 伸和 氏(ハンドサイクリスト・元パラ陸上競技選手)とともに、代表小林が登壇いたしました。

障がい学生修学支援室主催公開講演会「パラスポーツの魅力、この講演でわかります!」| 亜細亜大学
https://www.asia-u.ac.jp/asu_news/2019/11/6807/

2020年 01月 01日(水)09:00

NPO活動

【謹賀新年】

新年明けましておめでとうございます。

 

2020年を迎え、いよいよ今夏にはたくさんのトップアスリートの素晴らしい活躍を東京で目にすることが出来ますね。特にオリンピックでは初めてスポーツクライミングが種目追加され、日本人選手たちの活躍の知らせが届くことが本当に楽しみです。

このような環境下、私達モンキーマジックでは、スポーツを様々な方々にとって画面の中の出来事から自分のことへ、勝負だけではない自分の成長を実感できる世界へ、クライミングを通じて私達が届けることのできる新しい笑顔あふれる社会づくりを心新たに進めてまいります。

折しも東京パラリンピックの開会式が行われる本年8月25日は、NPO法人モンキーマジック創立15周年の日でもあります。

法人のビジョン「障害者クライミング普及活動を通じて、多様性を認め合えるユニバーサルな社会を実現し、より成熟した豊かな社会を創ります。」を前進させるため、独創的なこの活動をさらに5年10年、そしてその先の未来へと前進させてまいります。

改めまして、今年2020年も、倍旧のご指導ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

そして何より今年もたくさんの方々と一緒に登れることを楽しみにしております!

 

NPO法人モンキーマジック代表理事 小林幸一郎

▲トップへ戻る