活動レポート

活動レポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2018年 01月 20日(土)

主催イベント

【報告】第8回マンデーマジック横浜を開催

【開催日時】 2018年 01月 15日(月) 18:00
【開催場所】CLIMBING GYM RISE戸塚(神奈川県)

1/15(月)に、2018年最初のマンデーマジック横浜を開催いたしました!

今回は、代表小林が不在の中での開催でしたが、一風変わった取材も入りつつ、16名(内、視覚障害のある方4名、聴覚障害の方1名)の方に集まっていただきました!

 

今月の講習会は小林の代わりにたみぃが担当!グループ分けは、「呼ばれたい名前」のあいうえお順!経験もグレードもバラバラの人たちが協力し合ってボルダリングを楽しみます!

途中からグループの垣根を越えて、誰かが登っているとあちこちから、「ガンバ、ガンバッ!!!ナイスーーッ!!」との声が聞こえてくる賑やかな会となりました!

 

アイマスクを付けて目隠しクライミングを楽しむ様子もたくさん見られました!
どのグループもコミュニケーションもクライミングも大変盛り上がっていたようです!

 

https://www.monkeymagic.or.jp/magic/monday-magic-yokohama

▲次回のマンデーマジック横浜は、2月19日(月)の開催です!
常連さんもお久しぶりな方も、もちろん、初めましての方も、ぜひお誘い合わせの上、お越しください。

スタッフ一同、皆さまのお申し込みを心よりお待ちしております!

画像 画像 画像 画像

2018年 01月 20日(土)

メディア

【報告】ラジオチャリティ・ミュージックソン2017にて代表小林のインタビューが放送

第43回ラジオチャリティ・ミュージックソン2017が、AMラジオ局ニッポン放送をキー局に全国に生放送されました。

2017年12月24日(土)の21時からラジオ大阪が担当した部分に、12月1日にオープンした「神戸アイセンター」にできたクライミングウォールのことについて代表小林が受けたインタビューが放送されました。

「ラジオができることとして、ラジオ・フレンドリーな目の不自由な方たちのためになることをしよう、というところから出発し、現在では募金だけでなく、目の不自由な方を中心に、体の不自由な方々への理解の促進と思いやりの気持ちを育むことをも目指しています。」との番組だそうで、首都圏の音声信号機の約20%はこの番組の募金によって設置されたものなのだそうです。

 

【ミュージックソン2017 AM1242 FM93 ニッポン放送】
http://www.1242.com/radio/musicthon2017/archives/134

2018年 01月 20日(土)

NPO活動

【報告】安城市(愛知県)のボルダリングジム「Picco+Roccia」に寄付型自動販売機を設置いただきました

愛知県安城市のボルダリングジム「Picco+Roccia(ピッコロッチャ)」さんに代表小林がお邪魔しました。
近くには「猿渡川」があり、「猿渡橋」を渡って、ジムへ。ご縁を感じずにはいられませんでした。

そして、こちらのジムにも耳の聴こえないクライマーの方が登りにこられクライミングを楽しまれているのだそうです!

安城市はスタッフの一人の地元近くということで、スタッフとその家族や親戚も揃って、楽しく登らせていただきました。
店長の三島さん、大変にお世話になりました。

 

▼【ピッコロッチャブログ|モンキーマジック代表小林さんご来店!】
http://picco-roccia.com/wp/

画像 画像

2018年 01月 18日(木)

NPO活動

ケニアの視覚障害の子どもたちに、クライミングを通じてチャレンジ精神を育むプロジェクトを始動

2018年3月12日〜3月16日の5日間、東アフリカに位置するケニアの視覚障害の子どもたちに向けてクライミングプログラムを実施します。

本プログラムは、視覚障害の子どもたちに笑顔をもたらすことに加え、「自己効力感」を高める効果のあるクライミングというスポーツを通じて、彼らのチャレンジ精神を向上させることを目指しています。

 

・モンキーマジックとケニアの関わり

2005年9月、モンキーマジック代表の小林がアフリカのキリマンジャロ山の登山プログラムに参加した際、そのメンバーを中心にケニアの視覚障害のある子どもたちへの支援を目的とした基金”Kilimanjaro Blind Trust” (以下、KBT)を立ち上げました。 

 

そして、2016年4月に小林がケニア・KBTを再訪した際、現地で耳にしたのは、視覚障害者支援において欠けているものは意外にも学ぶ機会ではなく、レクリエーションの機会だという事実でした。

今まで国内でモンキーマジックが行ってきた障害者クライミングの普及活動を、同じようにケニアで行うことは、視覚障害のある子どもたちにとっても大きな価値があるはずだと確信し、動き出したこのプログラム。国内外の関係者に対して協力を要請し、実現する事になったこのプログラムはモンキーマジック初の海外事業であり、代表小林の悲願でもあります。

 

現地滞在期間中、在ケニア日本大使館において代表小林による講演会実施を予定しています。

限られた予算で実施しているため、継続的な活動実施には幅広い賛同者の力が必要で、今回の活動を一回で終息させないためにも、多くの方に知っていただき、ご支援・ご協力いただけたらと思います!


▼2018年1月17日(水)プレスリリースを配信致しました。

【PR TIMES|ケニアの視覚障害の子どもたちに、クライミングを通じてチャレンジ精神を育むプロジェクトを始動】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000028771.html

画像

2018年 01月 13日(土)

主催イベント

【報告】第70回マンデーマジック東京を開催

【開催日時】 2018年 01月 09日(火) 18:00
【開催場所】エナジーボルダリングジム高田馬場(東京都)

2018年最初のマンデーマジック東京は記念すべき第70回!三連休明けの1月9日(火)に開催致しました。

今月は取材も入りつつ、久しぶりの方もいて、29名の方(内、視覚に障害のある方6名、聴覚に障害のある方3名、四肢障害の方3名、その他の障害の方1名)にご参加いただきました。

代表小林も含め、今月28日(日)に開催される「パラクライミング日本選手権大会2018」への出場を控える選手たちは最後の追い込みを、初参加の方には入念に講習を受けていただきました!

今月の第10回「多様性を考えるプチ講座」では、70回を迎えるマンデーマジック東京に2012年の開始から一度も休まず参加し続けてくださっている、常連の視覚障害の男性にインタビューをさせていただきました!

その方の見え方は、光がわかるのと、左側の端に少し視野があるそうです。
目が見えにくくなったのは12年近く前、突然のことだったそうです。

それから始めたクライミングは今年で11年!きっかけはモンキーマジックの運営するクライミングスクールでした。
そして、このマンデーマジック東京には、毎回欠かさず参加してくださっています。

このマンデーマジック東京では、障害がある方もない方も同じ場所で一緒にクライミングを楽しむイベントです。
その方も従来は、クライミングをできる場がスクールしかない、視覚障害の人としかできないと感じていました。でも、このイベントに参加することで、障害がない方とクライミングを通じて友達になって休みの日などに、一緒に登りに行く仲間が欲しいと思い、参加したそうです。   

毎回参加して、少しずつそういった仲間ができて今では、定期的に様々な人と自由にクライミングを楽しんでいます。

最後にマンデーマジックについて感想を聞いてみると、
「70回参加しても、マンデーマジックは飽きない。とても楽しんでいるので、これからも参加する!」とメッセージをいただき、スタッフ一同ますます盛り上げていこうと思える、素敵なインタビューでした。


さて、そんな素敵なプチ講座の後は、グループに分かれてボルダリング。
今月は、誕生月ごとにチームをつくっていただき、セッションを楽しんでいただきました!

そして、懇親会は、新年会代わりに集まり、乾杯しました!
たくさんの方が今年も参加してくださり、賑やかな会となりました!
今月も、皆さまご参加いただきありがとうございました!

次回のマンデーマジック東京も、第二月曜が祝日のため、2月13日(火)です!
どうか、来年も皆さまお誘い合わせのうえ、ご参加ください!

 

▼お申し込みはこちらから!
http://www.monkeymagic.or.jp/magic/monday-magic-tokyo

画像 画像 画像

2018年 01月 06日(土)

主催イベント

【報告】第43回サタデーマジックを開催

【開催日時】 2017年 12月 23日(土) 17:00
【開催場所】モンキーマジックつくばQ't(茨城県)

2017年12月23日(土祝)に、モンキーマジックの根拠ジム・モンキーマジックつくばにて、サタデーマジックつくばを開催しました。

2017年最後の開催となった今回は、10人(内、視覚障害のある方3名)の皆さんにご参加いただきました!

初参加の方も、障害の有る方も無い方も、楽しく、でも真剣にクライミングと向き合えた時間になったのではないでしょうか。
ある参加者の方の、最後の最後の完登トライには盛り上がりました!

今年も第四土曜日の夜は、サタデーマジックつくばで登りに来ているお客さんと一緒にユニバーサルクライミング!
ぜひ、お誘い合わせの上、ご参加ください。

次回は、1月27日(土)の開催です!
皆さまからのお申込み心よりお待ちしております!

詳細&お申し込みはこちら▼
https://www.monkeymagic.or.jp/magic/saturday-magic-tsukuba

画像

2018年 01月 06日(土)

受託イベント

【報告】大阪市淀川区の放課後等デイサービスたいようでクライミングプログラムの指導を担当

放課後等デイサービスたいようでクライミングプログラムの指導を担当しました。参加者は、発達障害などがある児童7名。今回は代表の小林も参加しました。

寒い中外壁を登るため、しっかり準備体操をしてクライミングスタート。今回からより登るのが難しい右側の外壁にもチャレンジしました。

右側の外壁は、3分の2ほど登ったところに大きく手前に傾いている部分があり、子どもたちは苦戦していました。しかし、誰も諦めることなく、一生懸命チャレンジしていました。みんなスゴくかっこよかったです。

放課後等デイサービスたいようでは、児童の「できるという感覚」と「あきらめないで挑戦する力」、「チームで協力する力」を育むために2017年3月よりクライミングプログラムを実施しています。

※放課後等デイサービスたいようは、特定非営利活動法人あい・すまいる淀川が運営している、6歳~18歳までの障害のあるお子さんや発達に特性のあるお子さんが、放課後や夏休みなどの長期休暇に利用できる事業所です。

【放課後等デイサービスたいよう】
https://houkagotaiyou.jimdo.com/

【特定非営利活動法人あい・すまいる淀川】
http://asyd.tuzikaze.com/

画像 画像 画像

2018年 01月 02日(火)

主催イベント

【報告】今年も全国の障害者クライマー41名に障害サイン付チョークバッグを配布しました。

「障害サイン付チョークバッグ普及プロジェクト」で、2016年9月11日に配布を開始した障害サイン付チョークバッグですが、2017年1月1日から12月31日までに41名の障害者クライマーに配布することができました。

プロジェクトにご支援・ご協力いただいた皆さま、あらためまして本当にありがとうございました。

障害サイン付チョークバッグは、自らが障害者であることを周囲のクライマーに示すことで、障害の有無に関わらず、クライマー同士のコミュニケーションを円滑にし、安全にクライミングを楽しめるようにするためのものです。

クライミングを通じて様々な人がつながり、笑顔が広がっていく。
障害者とクライミングすることが日常になっていく。

そのために来年以降も障害サイン付チョークバッグ無料配布のお申し込みを受け付けます。障害者クライマーの皆さまは、プロジェクトの趣旨をご理解いただいた上で、お申し込みください。

お申し込みお待ちしております!

◆障害サイン付チョークバッグ普及プロジェクト
http://www.monkeymagic.or.jp/chalkbag

2017年 12月 29日(金)

主催イベント

【報告】北海道YMCAとNPO札幌オオドオリ大学の共同ワークショップに代表小林が講師として参加

【開催日時】 2017年 12月 16日(土)

12月16日に北海道YMCAとNPO札幌オオドオリ大学の共同ワークショップに代表小林が講師として参加しました。
「クライミングで学ぶユニバーサルな社会」というテーマで、「ユニバーサル」という言葉について参加者で考えたり、実際にクライミングを体験して、身体でユニバーサルについて感じてもらおうという趣旨のもと行われました。


視覚障害の方や車イスユーザーの方も参加しており、ユニバーサルという言葉そのままのワークショップとなりました。
個人的にとても印象的だったのが、父子で参加していた中学生の男の子の表情の変化です。
はじめは緊張からかやや暗い表情でしたが後半には引き締まった真剣な表情となり、父親に「今日誘ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを述べていました。
彼に話を聞いたところ、大人たちの真剣さと明るさに感化され、更に車イスユーザーの方の気合いのクライミングに感ずるものがあったとのことです。


翌日の17日には北海道YMCAにて視覚支援学校の先生の協力のもと、代表小林が講師となり10代の子どもたちにクライミングプログラムを行いました。
参加者の中には視覚に障害のあるお子さんが1名いました。

プログラムは登るだけでなく、安全確認やビレイまで自分たちで行うというもの。
誰かの安全を自分たちの手で支えるという経験はなかなかないことで、「責任」について身をもって学ぶことができたのではないかと思います。

【北海道YMCA】
http://www.hokkaido-ymca.or.jp/index.html

【札幌オオドオリ大学|壁登りは面白い~フリークライミングから学ぶユニバーサルな社会~】
http://odori.univnet.jp/subjects/detail/318

画像 画像

2017年 12月 28日(木)

主催イベント

【報告】12月の入間(埼玉県)インドアスクールを開催

【開催日時】 2017年 12月 17日(日)
【開催場所】クライミングパーク ベースキャンプ入間(埼玉県)

2017年最後のモンキーマジックスクールが、12月17日(日)にベースキャンプ入間にて開催されました。

ご参加いただいたのは、視覚障害者の方5名と四肢障害者の方1名で、「ヒローズアップクライミングクラブ(https://www.facebook.com/hirosup/)」の太田裕樹さんにご指導いただきました。

この日は、7ヶ月お休みされていたご夫婦(全盲の旦那様と弱視の奥様)+アイメイト(盲導犬)の復帰戦でもありました。
「登れるかな?」と、ご本人たちもアイメイトも周囲も不安だったのですが、久しぶりとは思えない素晴らしい登りを見せてくれました!
後半になると息切れは見られたので、また少しずつトレーニングを重ねていきましょうね。
お帰りなさい!

また、ご参加の方々の多くは2018年1月28日に開催される「パラクライミング日本選手権」にご出場される選手の皆さんで、クライミングにも熱が入りました。
選手権で皆さんの普段の力が発揮できることを、願っています。ガンバ!!!

 

こんな2018年前半の入間クライミングスクールの日程も更新されています。

クライミングが初めての方はもちろん、「もっと専門的な指導を受けてみたい」「クライミングをスキルアップしたい」
そんな皆様のご参加をお待ちしております!

 

【NPOモンキーマジック|講座スケジュール】
http://www.monkeymagic.or.jp/school

画像 画像 画像 画像

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

▲トップへ戻る