活動レポート

活動レポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2018年 12月 06日(木)16:00

NPO活動

【報告】京都府舞鶴市のフリーズケイブボルダリングジム舞鶴店を表敬訪問しました

寄付型自動販売機を設置頂いているフリーズケイブボルダリングジム舞鶴店を代表小林が訪問し、イベントを開催させていただきました。

イベントには小学生から大人まで28名の参加者を加えると見学の方も含め40名以上の方にお集まりいただける盛会となりました。

オーナーからは集まった参加費の一部をモンキーマジックの活動の発展にとさらにご寄付くださいました。


フリーズケイブの丹波店、福知山店にもモンキーマジック寄付型自動販売機が設置されており、私どものことを応援してくださっています。
みなさまお近くへお越しの際、またお近くにお住いのお知り合いが合いましたらぜひフリーズケイブのことをお知らせください!

フリーズケイブボルダリングジム舞鶴店
https://www.facebook.com/pg/freescavemaizuru/posts/

frees | フリーズケイブボルダリングジム
https://www.sportsfrees.com/blank

画像

2018年 10月 17日(水)08:00

NPO活動

【武蔵野市長へ表敬訪問】

代表小林、50歳の節目に世界選手権3連覇達成の報告に、法人所在地である武蔵野市の市長、松下玲子様に表敬訪問させていただきました。

法人の活動について丁寧に聞いてくださり、障害の有無問わず子どもから大人まで楽しめる生涯スポーツとしての可能性の話、今年3月に行ったケニアでの活動がスポーツ長長官より感謝状をいただいた報告、市民の皆様にさらに法人を知っていただきたいお願いをさせていただく機会となりました。

モンキーマジックはこれからも、武蔵野市から世界に向けて発信を続けていきます!

画像

2018年 10月 12日(金)16:00

NPO活動

【愛盲報恩会 第13回平成30年度表彰者に代表小林が決定】

社会福祉法人名古屋ライトハウスの「愛盲報恩会 第13回 平成30年度表彰者」に、法人代表小林が日本ライトハウス総務部主幹林田茂氏様の推薦により、受賞決定いたしました。

愛盲報恩会 第13回 平成30年度 片岡好亀賞

小林幸一郎氏(NPO法人モンキーマジック代表理事)
推薦者:林田 茂氏(日本ライトハウス総務部主幹)
選考理由:大学を卒業後アウトドア関連会社に就職し順風満帆にみえた1996年28歳の時に網膜色素変性症を発症。大きな衝撃のなかでロービジョンクリニックに出会い、「治す」ことでなく「現状でできることをどう生かすか」と考え、高校時代からずっとやってきたクライミングでなにかできないかとNPO法人モンキーマジックを設立。受障後数々の大会で優勝した経歴を生かし、障害者向けクライミングの活動を展開し、視覚障害者スポーツの新分野を拓き、今後益々の活躍を期待して受賞決定となりました。

決定のご報告 | 愛盲報恩会 | 社会福祉法人 名古屋ライトハウス
http://nagoya-lighthouse.jp/news/repayment/entry-212.html

2018年 09月 16日(日)08:30

NPO活動

【代表小林より世界選手権の報告と御礼】

- 圧勝と評して頂けた世界選手権閉幕 -

オーストリア・インスブルックにて9月10日より開催されてきましたパラクライミング世界選手権は14日にすべての予定を終え閉幕しました。

私は本当に本当に本当にたくさんの方々の応援に支えて頂き、上に押し上げて頂き、目標としていた50歳の節目での世界選手権3連覇を、パートナーの鈴木直也とともに果たすことが出来ました。

ここに改めての御礼を申し上げます。ありがとうございました。

今回の結果はこの目標を達成することが出来ただけでなく、出場クラスの男子B1クラスでは、ルート全体で37手中2位選手に10手以上の差をつけて表彰台の一番上に立てただけでなく、今回開催された男子視覚障害B1(全盲)B2(強度弱視)の2クラスを併せて見ても自分が一番上まで登れており、さらに、自分がパラクライミング出場選手中最高齢であったらしく、本当にいろいろな意味で忘れることの出来ない、感慨ひとしおの大会となりました。もうひとつ付け加えさせていただくと、身長もダントツ低く、中継のアナウンサーには「Oldest,Smallest!」と評されました。

直後何人かの方に「おめでとう圧勝だったよ!」と言われうれしかったのですが、心残りもあります。それは優勝出来ましたが、完登することが出来ず、あと6手残して落ちてしまったことです。
岩や壁を登るクライマーと言う生き物は、一番上に登り着くことだけを目指していて、大会ではその結果が順位だと思うのす。だから私は完登出来なかったことが今頭から離れず、そしてこの気持ちこそが、次の大会では完投できるより強い自分になりたいと強く思う今なのです。

2019年8月パラクライミング世界選手権は東京にやってきます。Oldest, Smallestでもうひと頑張り、50歳代の伸びしろを信じがんばってみようと思います。

みなさまどうか引き続き、小林幸一郎へのご支援よろしくお願いいたします。

画像

2018年 09月 14日(金)20:00

NPO活動

金メダル獲得!代表理事小林が50歳という節目に3連覇達成!

NPO法人モンキーマジック代表理事 小林幸一郎は、9月13日(日本時間9月14日午前2:05頃)、オーストリア・インスブルックにて開催されたパラクライミング世界選手権の視覚障害カテゴリー男子B1クラスに出場して1位優勝、金メダルを獲得しました。

ナビゲーターの鈴木直也とともに臨んだ予選は総合1位タイという成績で通過、決勝に進んだ小林。

完登者が出なかったため、時間内に決められたルートをより高い地点まで登った小林が、2位以下に圧倒的な差をつけて優勝しました。

<視覚障害カテゴリー男子B1クラス結果>
1位 小林幸一郎(日本)
2位 Matteo STEFANI(イタリア)
3位 Francisco Javier AGUILAR AMOEDO(スペイン)

<大会動画>
IFSC Paraclimbing World Championships - Innsbruck 2018 -
https://youtu.be/BbvAIf0_EgM?t=1h4m10s
(小林の出場1:04:10から)

今大会でパラクライミング日本代表選手は、小林の視覚障害男子B1クラスで金メダル1枚のほか、視覚障害男子B2クラスで銅メダル1枚、神経障害女子RP3クラスで金・銀のメダル2枚、合計4枚のメダル獲得となります。

<関連リンク>
日本パラクライミング協会(JPCA) https://www.jpca-climbing.org
国際スポーツクライミング協会(IFSC) http://www.ifsc-climbing.org/
2018年スポーツクライミング世界選手権 https://www.innsbruck2018.com

画像 画像 画像 画像

2018年 08月 25日(土)10:00

NPO活動

【設立記念日のご挨拶】

NPO法人モンキーマジック代表の小林幸一郎です。
 
本日8月25日をもちまして、私どもNPO法人モンキーマジックは設立13周年を迎えることができました。今年もこうして周年のご挨拶が出来ますことは、ひとえにみなさまのご愛顧、ご助力の賜物と、改めまして心から御礼を申し上げます。
 
これからも私どものビジョン(私達の目指す社会)である、「障害者クライミング普及活動を通じて、多様性を認め合えるユニバーサルな社会を実現し、より成熟した豊かな社会を創ります。」の実現を目指し、日々スタッフとともに精進してまいります。
 
2005年、私は法人設立認証証書の到着を見届け、直後にキリマンジャロの頂を目指し、アフリカへと旅立ちました。
それから13年が経ち今年3月には、モンキーマジックはそのアフリカの盲学校に通う子どもたちに、クライミングの経験という機会を届けることが出来ました。自分たちが10年以上積み上げて来た活動経験の中で、私達ができること、私達だから出来ることが形になったひとつの例だと思います。
このように上述させていただいたビジョンを実現するため、これからも、私達だから出来る事を見出し、そしてそれらをひとつひとつ継続してゆくことに努力を払ってまいります。
 
2020年オリンピック・パラリンピックが近づき、「スポーツの価値」という言葉を耳にする機会が増えました。
スポーツと言うとどうしても、誰が早いか勝つのは誰か、などにスポットが当たりがちですが、私どもは誰もが生涯楽しみ続けることの出来るスポーツとしてのクライミングを普及してまいります。全国にクライミング施設も600以上と大きく増えました。スポーツをニュースの中の世界から、誰もが自分ごととして受け止められる環境を整えてゆくことが、多様性理解とその先にあるより豊かな社会創りにつながると思います。
 
私どもモンキーマジックは、これからも多様性を認め合うことのできるより成熟した社会の実現のため、時代の変化とともに成長してゆくNPO法人であるよう努力を惜しまない所存です。モンキーマジックが社会とともにしてゆくべきことを、活動を通じてみなさまにお伝えしてゆきたいと考えています。
 
 
スクールやイベントへのご参加、ご支援などによって多様な関りを持ち続けてくださる個人の皆さま、The North FaceやChums、箕面ビールをはじめとする法人各社様、寄付型自動販売機を設置していただいているクライミングジム各位、広く社会の皆さまからのご寄付と活動支援に支えられていること、スタッフ一同、改めての御礼を申し上げます。
 
そして、私ひとりでは決してたどり着けず、共に汗をかいてくれるスタッフがいてくれたからこそ、モンキーマジックはここまでやってこれています。改めてその労に心からの御礼を書き添えさせていただきます。
 
また、皆さまからの応援やご期待、お叱りなどお届けいただく様々なお声こそが、法人の活動を改善させ今社会が必要とするものへと成長させていただいています。どうか今後とも法人へのご意見をお寄せいただけますようにお願い申し上げます。
  
設立14年目に入りますモンキーマジックのこれからに、どうぞご期待ください。
 
末筆になりますが、来月9月オーストリアで開催される障害者クライミングの最高峰「パラクライミング世界選手権」におきまして、代表を務めさせていただいております小林は50歳にて3連覇を目指し出場、また弊会スタッフの山口は今回初出場選手の目の役割を務めるナビゲーターとして帯同します。少しでも良い成績を残し、競技スポーツとしての側面から障害者クライミング普及と認知促進に寄与できるよう頑張ってまいります。
 
どうか応援の程何卒よろしくお願い申し上げます。
 
NPO法人モンキーマジック
代表理事 小林幸一郎
< https://www.monkeymagic.or.jp >
画像

2018年 08月 22日(水)

NPO活動

【報告】愛知県西尾市のボルダリングジム ボルダto9蒲郡店を表敬訪問しました

愛知県西尾市にあるボルダリングジム・ボルダto9蒲郡店と姉妹店の新城店には、揃ってモンキーマジック寄付型自動販売機を設置いただいております。

先日代表小林が、蒲郡店の方へ表敬訪問させていただき、代表の徳升ご兄弟にオススメ課題を教えていただきながら、短い時間ながらも広々とした店内でお盆休みで帰省中と思われる子どもたちに混じって楽しく登らせていただきました。

登りきれなかった課題は宿題として残ったことですし、また新城店と併せお伺いさせていただきます!

お近くの皆さま、ぜひお立ち寄りください!

【ボルダto9蒲郡店|今日も混んでましたが、モンキーマジックの方が遊びに来てくれました】
https://goo.gl/SBTnyw

画像 画像

2018年 08月 09日(木)

NPO活動

【報告】長野県佐久市のClimbing Gym SORANIを表敬訪問しました

長野県内で唯一モンキーマジックの寄付型自動販売機を設置いただいているクライミングジム、佐久市のClimbing Gym SORANIを代表小林が表敬訪問させていただきました。

当日は県内最大級の広々とした施設で子どもたちの講習会を実施させていただき、オーナーご夫妻や来店されていたお客様にも御覧頂いている中、代表小林による視覚障害クライミングプチデモンストレーションもやらせていただきました。
皆さま、お近くにいらした際はぜひクライミングを楽しみにSoraniにお立ち寄りください!

なお、SORANIでは近日小学生を対象としたコンペが予定されており、現在参加者募集中とのことです。
小学生の皆さんはこの機会にぜひコンペにも挑戦してみてください!

【Climbing Gym SORANI|ソラニ】
https://cg-sorani.com/

 

 

 

画像

2018年 08月 07日(火)

NPO活動

【報告】府中市(東京都)の「WEST ROCK府中店」様に寄付型自動販機を設置いただきました

「障害者クライミング普及の支援になるなら!」と、「でもスペースがないんだけど。。。」と、試行錯誤していただき、東京都府中市の WEST ROCK 府中店様にモンキーマジックの寄付型自動販売機を設置いただきました。
ちょっと珍しいミニサイズの自販機です。

ブログでもご紹介いただき、素敵な応援メッセージもいただいています。

夏休みやお盆休み、府中や調布にお越しの際には、「WEST ROCK」で登りましょう!

【WEST ROCKブログ|Monkey Magic 寄付型自動販売機 設置しました!】
http://www.westrock-climbing.com/weblog/2018/07/30/29801/

画像

2018年 08月 07日(火)

NPO活動

【告知】CHUMSとのコラボレーションバッグ2018のご紹介!!

皆さま、お待たせいたしました!

アメリカのカジュアルアウトドアブランド「CHUMS(チャムス)」とモンキーマジックのコラボレーショングッズ2018年モデルの寄付受付を開始いたしました!

2012年から始まったこのコラボ。
今年で7年目を迎え、毎年新しいデザインが発表されてきました。
ご寄付いただいた方へ返礼品として差し上げており、寄付は視覚障害の児童生徒や大人を対象としたインドアジムや自然の岩場を利用したクライミングスクール、障害のある方もない方も共に楽しめる交流イベントの定期的な企画運営、講演会や体験会の実施など様々な普及啓発活動へ使われます。

モンキーマジックが年間60回以上開催するスクール・イベントには幅広い年代の障害者・健常者のべ1,000人以上が参加しており、また、交流イベントは、活動に共感してくださる有志の方々によって近年全国へ広がりを見せています。

今年はラインナップが強力に、<デイパック><トートバッグ><ショルダーポーチ><シェルポーチ><カードケース><ペットボトルホルダー>のなんと6種類!
モンキーマジックの目指すポップでハッピーなコラボグッズです!

カードケースにはボルダリングジムの会員証やコインを入れて、お気に入りのドリンクはペットボトルホルダーに、そしてシェルポーチにはテーピングや爪切りを入れ、クライミングシューズやハーネスと一緒にデイパックやトートバッグにポン、と入れてクライミングをより楽しく!!

各商品のメイン生地はネイビー色のスウェット、赤色のパーツ生地はリサイクルポリエステル糸で作られたCORDURA® EcoMade(コーディラコメイド)を使用し、磨耗・引き裂き・擦り切れに強く、日常生活での使用に耐え、長持ちするように作られています。

各アイテムのタグやファスナー部分に施されている「NO SIGHT BUT ON SIGHT」という文言と点字のデザインは、「見えなくても(=NO SIGHT)、一度で登りきれる(=ON SIGHT)」というNPO法人モンキーマジックのスローガンです。ファスナーチャームは、視覚障害者もファスナーを見つけやすいようにと配慮したデザインでもあります。

・デイパック ¥12,000以上
・トートバッグ ¥8,000以上
・ショルダーポーチ ¥6,000以上
・シェルポーチ/カードケース/ペットボトルホルダー ¥3,000以上のご寄付でお一つ差し上げます。
(※2018年8月21日火曜日からの発送となります。)

自分へのご褒美や、クライミングの好きなあの人へのギフトにもぜひ!
皆様からのご支援、お待ちしております!

寄付受付はこちらから▼
https://www.monkeymagic.or.jp/order/support-goods/input

画像 画像 画像 画像

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

▲トップへ戻る